あなたの歯は何が原因で抜けてしまったのでしょう?

 歯がなくなるのは大きく分けて2つの原因があります。

 この場合は、他の残った歯の根は丈夫であることが多いので、それ程大掛かりな 処置は必要でないでしょう。

 この場合は、口の中に残っている歯を支えるべき骨の力が弱まっていることが多く、言い換えれば、一見丈夫そうに残っている歯も、若い時のようにしっかりと植わっているわけではないことが多いのです。
 その結果、筋肉に負けないようにするために、充分な前処置が必要になります。

 前処置の目的の一つには、義歯を直接支える維持歯と維持歯以外の歯を連結して強化を図る ことです。

 何本かの歯を予め削り連結したクラウンやブリッジを用いて一つの歯群とします。

 これによって維持歯に加わる力が分散、統一され、結果的に維持歯の寿命が延びることになるわけです。

 このような予防的配慮、特に歯周病で歯をなくした人の場合は、しっかりとした前処置なくしては安定 した良い義歯は入りません。

 代表的な前処置として

 などがあります。

 つまり、残った歯を連結し、また、タテヨコの面を歯に与えることにより、噛む力の方向を正しくしておくことが前処置といわれるもので、長期間安定した義歯を作るためには欠かすことのできない処置であると言えます。

 さて、前処置までおわかりいただいたところで次に進みましょう。